老齢基礎年金について知りたいこと

国民年金は、日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満のすべての人が加入するものです。

国民年金がおこなう給付のうち、受給資格期間を満たした者が65歳に達したときに支給される年金が老齢基礎年金です。

この年金は老後の生活保障を目的として給付されるものですこの年金の支給を受けるためには、保険料納付済期間または保険料免除期間を有していて、受給資格期間が25年以上あり、65歳に達している必要があります。

受給資格期間は保険料納付済期間と保険料免除期間とを合算します。

原則である25年の要件を満たせない場合には、受給資格期間に合算対象期間を加えた期間が25年以上あれば受給資格期間を満たしたものとされます。

合算対象期間はカラ期間とも呼ばれ、例えば、日本人であって海外に居住していた期間のうち国民年金に任意加入しなかった期間などがあります。合算対象期間は受給資格対象期間には算入しますが、年金額の計算の基礎とはしません。
支給される年金の額は、20歳から60歳まで40年間の全期間保険料を納付した場合に、満額を受け取れるようになっています。保険料納付済期間が40年未満である場合には、満額からその割合に応じた額を減額します。

コメント

コメントを受け付けておりません。