厚生年金なら老齢厚生年金

年金制度に関しては、大きく分けると公的年金と私的年金とに分けて考える事が出来ます。

その中でも公的年金に関しては、国民年金をベースと考え、その上に階層を重ねる様に年金を考えて行きます。

ここではそんな国民年金の上の第2階層に来る厚生年金に関してご説明致します。

まずこの年金は国民年金の第2号被保険者と呼ばれるサラリーマン等の会社員や公務員が対象となります。

この年金制度は国民年金と非常に似ており、国民年金の老齢基礎年金にあたる部分が、老齢厚生年金であったりと非常に分かりやすい仕組みとなっています。

しかしこの老齢厚生年金は、60歳代前半に支給される特別至急のものと、65歳から支給されるものがあります。

特別支給に関しては生年月日によって支給される開始年齢が異なりますので注意が必要です。

しかし、この老齢時に受給出来る年金は老齢基礎年金も合わせて受給する事が出来ますので、老齢時に二つの年金を受給出来ると考えて良いでしょう。

年年金に関するニュースをよく目にする様になりましたが、国による公的年金を最大限に活用する事で、さらに不安がある方は企業年金や個人年金商品等を増やす事で、将来の経済的不安を軽減する事が出来るでしょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。