国民年金なら老齢基礎年金

年金制度の中でも20歳以上60歳以上の国民全てが加入すべき年金が国民年金です。

そんな年金の制度の中でも将来の不安を抱えている人が多いかと思いますが、老齢基礎年金がしっかりと制度されています。
老齢基礎年金とは原則として年金に25年以上加入している人が65歳から受給する事が出来る年金です。

受給資格期間にはいくつかの特例もあり、65歳からの受給が前提ですが、繰上げ受給や繰下げ受給にする事が出来ます。

繰上げ受給は受給出来る年齢が60歳から可能です。

しかし支給開始年齢が早まる事によって年金額が減額されます。

繰上げ受給は70歳まで遅らせて受給する事ができ、年金額が増額する事が出来ます。

こういった基礎年金がある事によって将来の不安を軽減する事が出来ます。

そしてサラリーマン等の会社員や公務員が上乗せで加入する事が出来る厚生年金にも老齢厚生年金がありますので、老齢時に上乗せする事も可能です。

老齢基礎をベースと考え、将来に上乗せする事でさらに将来への経済的な不安を軽減する事へ繋がり、さらなる上乗せを希望する場合は個人年金等を購入する事で3つ目の年金を活用する事が出来ます。

自分の職業を含め将来の経済的な事を考え、自分が加入している年金は最低限把握しておきましょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。