繰上げ受給と繰下げ受給

国内に居住する20歳から60歳の人を対象として、公的な年金制度である国民年金への加入は義務付けられています。

そのため、該当する年代の人は原則として国民年金料を60歳まで支払い続けていくかたちとなります。

国民年金の加入をすることによってもらうことのできる年金には老齢基礎年金、障害基礎年金、遺族基礎年金の3種類がありますが、このうちの老齢基礎年金に関しては誰もが65歳から死亡するまでの期間、終身年金として年金をもらい続けることができます。

老齢基礎年金は基本的には65歳から支給が始められることになっていますが、届出をすることで60歳からの繰上げ受給に変更することが可能となっています。

その場合、65歳に支給される年金額が基準となり、1か月繰上げるごとに0.5%減額されることになります。

また、繰上げによって減額された年金額はその後も生涯続くことになり、また繰上げを取り消すこともできないので注意が必要となってきます。

反対に65歳を迎えても繰下げ受給の手続きをすることで、年金の受給を66歳から70歳に変更することが可能です。

この場合、繰上げの時と同様に基本的な年金の支給開始年齢である65歳が基準となり、1か月繰り下げるごとに0.7%が増額されることになります。

コメント

コメントを受け付けておりません。