振替加算のやり方

厚生年金の定額部分の支給開始年齢に達したとき、その人に生計を維持されている配偶者など一定の範囲の人がいる場合には「加給年金」が支給されることになっていますが、配偶者が65歳に達し、国民年金による老齢基礎年金の受給資格を得る段階になると、その支給は打ち切られてしまいます。

しかしながら、支給を打ち切られたものに代わって、新たに配偶者に「振替加算」が支給されるという制度があります。

加算される金額は、昭和2年4月1日以前に生まれた人については従前と同額の年額224,000円ですが、それ以後に生まれた人については、誕生日の区分に応じて減額されており、昭和36年4月2日以降の生まれの人については、現時点で年額15,000円となっています。(平成26年時点)

支給を受けるためには、通常は年金を請求する際の「裁定請求書」に配偶者の年金証書の基礎年金番号や年金コード、氏名、生年月日を記入して提出すればよく、この手続きによって自動的に加算が行われます。

ただし、老齢基礎年金の受給者の年齢が65歳を経過したあとに、配偶者の厚生年金加入期間が基準となる240か月(20年)以上に該当することとなった場合には、該当したときから加算が開始されますので、このようなときには「老齢基礎年金額加算開始事由該当届」という届出が必要になります。

コメント

コメントを受け付けておりません。